1.会誌の原稿

 夏や秋につくる会誌は版権もの、著作権フリーな作品は描いてはいけない決まりになっています。

 これは過去からずっと続いてるルールで、会誌は売り物であるために、著作権関係には慎重に行こうという考えから定められています。

 

「765プロのアイドルが輝く話」とか「レイサナでいちゃつく話」とか「人類が巨人に立ち向かう話」とか「暁の水平線に勝利をつかむ話」とかは漫研の会誌では書かないで、個人で同人誌を作って販売してください。

 

 あとR-18は禁止です。

会誌の編集作業中にアウト判定をもらうと載せてもらえません。(過去に実例あり)

 

 なお、原稿の規格などについては、塗り足し3mmなど細かい規則があるのでいつも印刷して頂いている栄光印刷様のHPを確認して下さい。

http://www.eikou.com/making/index.html

2.イラスト展覧会の原稿

 こちらは別に入場料を取ったりしてないので、版権ものOKです。

 


 もう好きなだけ嫁への愛を語ったり、ぶちまけたりしてください。枚数の制限も設けてないので好きなだけ投げてください。

 

 こちらももちろんR-18は禁止です。

 あまり周囲に不快を与えるようなものは容赦なく引っぺがされ、最悪丸めて捨てられるなんてこともあったりします。(実例あった)

 ネタの使いどころは計画的に。

3.自己紹介号について

 自己紹介号は毎年春に作り、会員全員に配るいわば名簿のようなものです。

 入会届と同じ扱いとなるため会員全員強制参加です。これを提出しないと別に困りはしませんが、不便であることは確かです。ただでさえ会員が多いので、自分と趣味が近い人を探すのに影響がでたりします。

 

描く内容は

  • 名前(あればペンネームも合わせて)
  • 学部学科学年
  • 自己アピール(好きなものを羅列するだけで構いません)
  • (描けるなら)イラスト

 イラストに関しては棒人間やヒトデ、だんごを描いて終了。でもかまいません。

基本、漫研の外の人に見せるものではないです。

 

4.その他コピー本など

 作るのは自由です、漫研の会員として出すなら印刷費は出ます。

 版権アリナシの基準は「お金をとるかどうか」です。

 お金をとるなら無しになります。

 

 漫研の名前を出すがお金を取らない。または、漫研の名前を出さずに個人サークルのものとして出す、というのであれば版権アリでも構いません。

 

 個人で出すものはすべて自己責任でお願いします。

問い合わせ

manken.hirosakiuniv@gmail.com

弘大漫研の最新情報

Twitter